IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Microsoft Windows Automation with Red Hat Ansible

コースコードRHD417 期間4日間 時間09:30~17:30 価格\242,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD417 期間4日間 時間09:30~17:30
価格\242,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD417
期間4日間
時間09:30~17:30
価格\242,000(税込)
主催レッドハット 株式会社

コース内容

コース概要

Windows Server での管理を自動化して DevOps ワークフローに組み込めるようにする方法を習得

Microsoft Windows Automation with Red Hat Ansible (DO417) は、Ansible® の使用経験がない Windows Server プロフェッショナル向けに設計されています。Ansible を使用して Microsoft Windows システム用の自動化 Playbook を作成し、一般的なシステム管理タスクを大規模に、再現可能な方法で実行します。また、Red Hat® Ansible Tower を使用して、中央の Web ベースのユーザー・インタフェースから Ansible Playbook を安全に管理および実行する方法を学びます。

このコースは、Red Hat Ansible Engine 2.8、Red Hat Ansible Tower 3.5、Windows Server 2016 および 2019 に基づいています。

学習目標

・Ansible で管理できるように Microsoft Windows システムを構成する
・管理対象ホストのインベントリを作成および管理し、それらを管理するための資格情報を Red Hat Ansible Tower に提供する
・Ansible Playbook を作成して複数のタスクを一貫した方法で自動化し、管理対象ホストに適用する
・Red Hat Ansible Tower から、個々のアドホックな自動化タスクと複雑な Playbook を実行する
・Red Hat Ansible Tower で調査フォームを作成し、Playbook の運用を単純化する
・変数とファクトを使用して Playbook をパラメーター化する
・既存の Ansible ロールを作成して再利用することで、Playbook の作成を単純化し、コードを再利用する
・既存の PowerShell DSC コードを活用して、Ansible 自動化の機能を拡張する
・Windows Server システムの一般的な管理タスクを Ansible を使用して自動化する

対象者

・管理タスクの自動化と自動化ツールを使用した DevOps ワークフローの実装に関心のある Windows Server 管理者

前提知識

・Windows Server 管理者の経験を有すること、ただし、Red Hat Ansible Automation または Linux® の経験は問いません

内容

●Red Hat Ansible Automation の概要
●簡単な自動化コマンドの実行
●Ansible Playbook の実装
●変数およびファクトの管理
●ソフトウェアのインストールとアップデート
●タスク制御の実装
●管理対象ホストへのファイルのデプロイ
●ユーザーおよびドメインとの対話
●Windows 自動化タスクの自動化
●大規模プロジェクトの管理
●Ansible Tower ワークフローの構築
※学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。

備考

※技術要件
 ・受講にはインターネット接続が必要です。
 ・個人所有のデバイスを使用します。
 ・デバイスには、リモート・デスクトップ・プロトコル (RDP) をインストールする必要があります。
  -Microsoft Windows を使用している場合は、Microsoft Remote Desktop がインストールされている必要があります。
  -macOS を使用している場合は、App Store から Microsoft Remote Desktop for Mac (Microsoft) をインストールする必要があります。
  -Linux を使用している場合は Remmina を、ディストリビューションからインストールするか、ディストリビューションを利用できない場合は https://remmina.org のインストラクションに従ってインストールします。または、Linux ディストリビューション (Red Hat Enterprise Linux の freerdp パッケージ内) から FreeRDP クライアントをインストールすることもできます。

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。
・アカウント確認方法
RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japanよりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

※ログインアカウント作成時には、氏名をローマ字または英語表記で作成してください。
 既にログインアカウント作成済みの方は、日本語氏名でご登録していた場合、ローマ字氏名へご変更ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

Red Hatのコース一覧