IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat 認定スペシャリスト試験 -OpenShift Application Development-(RHD288EX)

コースコードRHD288EX 期間1日間 時間09:30~12:30 価格\55,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD288EX 期間1日間 時間09:30~12:30
価格\55,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD288EX
期間1日間
時間09:30~12:30
価格\55,000(税込)
主催レッドハット 株式会社

コース内容

コース概要

Red Hat 認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development - では、Red Hat® OpenShift® Container Platform 環境に既存のアプリケーションをデプロイする能力をテストします。

この試験に合格すると、Red Hat 認定アーキテクト (RHCA®) を取得する際の前提条件にもなる Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Application Development - を取得できます。

この試験は、Red Hat OpenShift Container Platform 4.2 に基づいています。

学習目標

・Red Hat 認定スペシャリスト試験 −OpenShift Application Developmentーに合格する

対象者

・Red Hat® OpenShift Container Platform 環境の管理を担当する DevOps ロールのアプリケーション開発者
・Red Hat OpenShift Container Platform 環境の実装を担当する DevOps ロールのアプリケーション開発者
・コンテナ化アプリケーションの作成または既存アプリケーションからコンテナ化アプリケーションへの変換を担当するアプリケーション開発者

前提知識

・この試験の受験者は、コンテナテクノロジーの基礎を理解している必要があります。ある程度のプログラミング経験が推奨されますが、必須ではありません。

内容

受験者は、以下のタスクを実行する能力が求められます。

●Red Hat OpenShift Container Platform の操作
 ・複数の OpenShift プロジェクトの作成と操作
 ・アプリケーションのヘルスモニタリングの実装

●コンテナイメージの操作
 ・コマンドライン・ユーティリティを使用したコンテナイメージの操作
 ・コンテナイメージの最適化

●アプリケーションのデプロイメントに関する問題のトラブルシューティング
 ・アプリケーションのデプロイメントに関する軽微な問題の診断と修正

●イメージストリームの操作
 ・カスタム・イメージストリームの作成とアプリケーションのデプロイ
 ・既存の git リポジトリからのアプリケーションの取得
 ・アプリケーションのデプロイメントに関する軽微な問題のデバッグ

●構成マップの操作
 ・構成マップの作成
 ・構成マップを使用した、アプリケーションへのデータ注入

●S2I (Source-to-Image) ツールの操作
 ・S2I を使用したアプリケーションのデプロイ
 ・既存の S2I ビルダーイメージのカスタマイズ

●フックとトリガーの操作
 ・提供されたスクリプトを実行するフックの作成
 ・フックの適切な動作のテストと確認

●テンプレートの操作
 ・JSON 形式または YAML 形式で記述された既存テンプレートの使用
 ・マルチコンテナ・テンプレートの操作
 ・テンプレートへのカスタムパラメータの追加

Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、ご受講者様の Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

 ・アカウント確認方法
  RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japan
  よりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

※ログインアカウント作成時には、氏名をローマ字または英語表記で作成してください。
 既にログインアカウント作成済みの方は、日本語氏名でご登録していた場合、ローマ字氏名へご変更ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

Red Hatのコース一覧