IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat OpenShift Development II: Containerizing Applications

コースコードRHD288 期間4日間 時間09:30~17:30 価格\242,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD288 期間4日間 時間09:30~17:30
価格\242,000(税込) 主催レッドハット 株式会社
コースコードRHD288
期間4日間
時間09:30~17:30
価格\242,000(税込)
主催レッドハット 株式会社

コース内容

コース概要

Red Hat OpenShift を活用した、開発者の生産性向上のための実践的なトレーニング

Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications (DO288) では、アプリケーションとマイクロサービスを構成およびデプロイする主要なテクノロジーとしてのコンテナについて理解を深めます。OpenShift 開発トラックの 2 つ目のコースとして、このコースでは、コンテナ化されたソフトウェア・アプリケーションを OpenShift クラスタに設計、ビルド、デプロイする方法について取り上げます。

コンテナネイティブのアプリケーション作成や、既存のブラウンフィールド・アプリケーションの移行において、Red Hat® OpenShift Container Platform を使用した開発者の生産性向上の手法を習得できます。Red Hat OpenShift Container Platform は、エンタープライズによるコンテナのデプロイメント管理および Kubernetes を使ったアプリケーションのスケーリングを可能にするコンテナ化アプリケーション・プラットフォームです。

このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 4.5 に基づいています。

学習目標

このコースを修了すると、Red Hat OpenShift Container Platform のアプリケーションのコンテナ化、スケーリング、デプロイ、管理の基本概念を理解することができます。以下のスキルも習得できます。
・コンテナイメージを設計してアプリケーションをコンテナ化する
・アプリケーションビルドをカスタマイズして、post-commit ビルドフックを実装する
・マルチコンテナ・アプリケーション・テンプレートを作成する
・システムの信頼性向上を目的としたヘルスチェックを実装する

対象者

・エンタープライズ・アプリケーション開発者
・SRE (サイト信頼性エンジニア)

前提知識

・Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShiftを受講済み、または同等の知識がある
・Red Hat 認定システム管理者または上位の認定の取得は、操作とコマンドラインの使用法を理解するために役立ちますが、必須ではありません

内容

●OpenShift クラスタにおけるアプリケーションのデプロイと管理
 ・さまざまなアプリケーション・パッケージ手法を使用して OpenShift クラスタにアプリケーションをデプロイし、そのリソースを管理します。
●OpenShift 用のコンテナ化アプリケーションの設計
 ・アプリケーションのコンテナ化方法を選択し、OpenShift クラスタで実行するコンテナを作成します。
●エンタープライズ・コンテナイメージの公開
 ・エンタープライズ・レジストリを作成し、そのレジストリにコンテナイメージを公開します。
●アプリケーションビルドの管理
 ・ビルドのトリガーと管理に加えて、OpenShift のビルドプロセスを記述します。
●Source-to-Image (S2I) ビルドのカスタマイズ
 ・既存の S2I ベースイメージをカスタマイズして、新しいイメージを作成します。
●OpenShift テンプレートに基づくアプリケーションの作成
 ・テンプレートの各要素について説明し、マルチコンテナ・アプリケーション・テンプレートを作成します。
●アプリケーションのデプロイ管理
 ・アプリケーションの健全性を監視し、クラウドネイティブ・アプリケーションのさまざまなデプロイメント方法を実装します。
●OpenShift での CI/CD パイプラインの実装
 ・Jenkins パイプラインを作成してデプロイし、OpenShift を使用して継続的インテグレーションおよび継続的デプロイメント (CI/CD) を促進します。
●OpenShift でのクラウドネイティブ・アプリケーションのビルド
 ・OpenShift でクラウドネイティブ・アプリケーションを作成してデプロイします。
 
※学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、ご受講者様の Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

 ・アカウント確認方法
  RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japan
  よりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

※ログインアカウント作成時には、氏名をローマ字または英語表記で作成してください。
 既にログインアカウント作成済みの方は、日本語氏名でご登録していた場合、ローマ字氏名へご変更ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

Red Hatのコース一覧