IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

〜ビジネス企画から実装まで〜

作って学ぶIoT プロトタイプワークショップ

コースコードNGN021 期間1日間 時間09:30~17:30 価格\66,000(税込) 主催株式会社NGN-SF
コースコードNGN021 期間1日間 時間09:30~17:30
価格\66,000(税込) 主催株式会社NGN-SF
コースコードNGN021
期間1日間
時間09:30~17:30
価格\66,000(税込)
主催株式会社NGN-SF

コース内容

コース概要

IoTのプロトタイプ開発は企画段階で重要な位置づけにも関わらず、多額の費用がかかり、プロトタイプを開発すること自体がIoTの導入障壁となるケースもありました。
本コースではハードウェアはRaspberryPI、およびGrobePIと呼ばれる安価かつ汎用のIoTゲートウェイ機器およびセンサー機器を教材として使用します。さらにソフトウェアは、ノードと呼ばれるブロック同士を線で結ぶだけで自動生成できるプログラミング知識が不要のツールを用いて、IoTゲートウェイ機器、クラウドのアプリケーション作成を行います。
わずか一日で、各自組み立てたセンサー〜IoTゲートウェイ機器〜クラウドまでの接続が実習できます。これまで、プログラマでないエンジニアはもとより、企画担当者なども多く受講しています。

学習目標

このコースを修了すると、受講者は次のことができるようになります。
・IoTプロトタイプ開発の方法
・センサーからクラウドまでのデータの流れとIoTサービスイメージの習得

対象者

・IoTシステムの一連の流れ及び、IoT/M2M技術について、実践を通じて理解したい方
・IoT/M2M機器やシステムを初めて開発する担当者、プロトタイプを作ってみたい方

前提知識

・なし
(プログラミング知識は必要ありませんが、フローチャート(アルゴリズム)の知識があるとより理解が深まります)

内容

【基礎編】
●1.IoTのための通信ネットワークの基礎
●2.IoT機器量産開発時の注意点

【実習】
●1. シングルボードコンピュータ基礎
 ・基本的なプログラムを作成して、開発環境の使い方を学びます。
●2. 照度センサー、温度センサー
 ・主に照度センサーから取得した情報を利用して、条件分岐や情報のグラフ化の方法を学びます。
●3. 汎用基板(GrobePi)の準備
 ・加速度センサー、近接センサーは汎用基板(GrovePi)に接続してシングルボードコンピュータで使用します。汎用基板(GrovePi)の組み立てを通してセンサーの仕組みを学びます。
●4.加速度センサー
 ・デバイスに加わった振動や衝撃を検知する想定でプログラムを作成します。
●5.近接センサー
 ・近接センサーをスイッチとして、LEDを点灯させたり、データベースと連携した情報の配信の方法を学びます。

関連するコース

開催予定日

2021年

09月03日(金) ~ 09月03日(金)
【価格】 66,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 NGN021
【主催】 株式会社NGN-SF

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

11月19日(金) ~ 11月19日(金)
【価格】 66,000円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 NGN021
【主催】 株式会社NGN-SF

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

IoTのコース一覧