IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

ITIL(R)インターミディエイト・ケイパビリティ プランニング、プロテクションおよび最適化(PPO)+試験(PPO)

コースコードITP076 期間5日間 時間09:30~18:00 価格\440,000(税込) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
コースコードITP076 期間5日間 時間09:30~18:00
価格\440,000(税込) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
コースコードITP076
期間5日間
時間09:30~18:00
価格\440,000(税込)
主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

コース内容

コース概要

ITIL(R)ベストプラクティスにおける「プランニング、プロテクション及び最適化」の段階で必要となる実務レベルの活動、プロセス、およびアプローチに焦点をあて、サービスライフサイクルを通して、これらの実践方法について学習し、関連プロセスの責任者を育成します。 PPOコースは、ITサービスプロバイダが顧客の需要、サービスの可用性およびキャパシティと、実際のITコストとのバランスを取りながら、リスクも軽減するようなサービスレベルの約束事項を計画立案、提供、管理するために必要となる知識を受講者が得られるように設計されています。

学習目標

・サービスマネジメントを概念としてだけではなく実践として理解し、PPOプロセスがサービスライフサイクルにどのように寄与するかを学びます。
・また、PPOのパフォーマンス測定方法を学びます。
・サービスデリバリにおけるPPOの重要性を認識し、PPOプロセスがサービスライフサイクルの他のプロセスとどう関わるか理解します。
・PPOの各プロセスにおける活動、方法、機能について学びます。
・また、業務の品質向上に向けたPPOプロセス、活動や機能の実践について学びます。
・PPOのパフォーマンス測定方法を学びます。
・また、ITセキュリティの重要性とそれがどのようにPPOをサポートするかを理解します。
・PPOのパフォーマンス測定方法を学びます。

対象者

・PPOについて理解を深めたい方。
・自社におけるIT サービスマネジメントの品質向上のためPPOに関わる活動の実践方法を学びたい方(例:キャパシティ管理、可用性管理、ITサービス継続性管理(ITSCM)、情報セキュリティ管理、需要管理、リスク管理などの担当者)。
・ITサービスマネジメントとその改善活動に携わっているITプロフェッショナルの方。

前提知識

・「ITIL(R)ファンデーション資格取得またはITIL(R)ファンデーション・ブリッジ資格取得(注:2011年6月30日以前に取得されたITIL(R)ファンデーションでバージョンの表記が無いものはv2となり旧バージョンのため、不可)」

内容

●はじめに
●1.PPOの概要
●2.キャパシティ管理
●3.可用性管理
●4. ITサービス
●5. 情報セキュリティ管理 継続性管理
●6. 需要管理
●7. 役割と責任
●8. 技術と導入に関する検討事項
●9. 試験準備/模擬試験
●試験

備考

※ITIL(R)ファンデーション資格取得またはITIL(R)ファンデーション・ブリッジ資格取得(注:2011年6月30日以前に取得されたITIL(R)ファンデーションでバージョンの表記が無いものはv2となり旧バージョンのため、不可)が受講要件となりますので、事前に認定証のコピーご提出いただきます。

※再受験について
研修をご受講いただき、試験で不合格となった場合、希望される方には再受験のご案内も行っております。詳細はお問合せください。

ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標であり、AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標です。すべての権利は留保されています。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

ITILのコース一覧