IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

セキュリティの研修・教育ならCTC教育サービス

CTC教育サービスでは、コンピュータネットワークにおける脅威や適切なセキュリティ対策のスキルを学習するためのセキュリティコースを開催しています。
サイバー攻撃(不正アクセス・DoS/DDoS攻撃・標的型攻撃)などの技術的な仕組みを学習し、コンピュータネットワークにおける脅威とその対策を習得するコースや、日々発見される脆弱性情報の収集方法やインシデント(セキュリティ事件)をいち早く検知するための事前準備事項、インシデント検知の観点からサーバやセキュリティデバイス(ファイアウォールやIPS、UTM等)のログを分析する手法について座学と実機演習を通して学習するコース、インシデント調査の対象となるデジタルデータの適切な保全方法や被害状況・原因を明らかにするための調査方法について学習するコースやCSIRT(インシデント対応チーム)の構築や運用を行う上で必要な知識を習得するコースなど、セキュリティ対策に欠かせない人材を育成する研修を揃えております。

ポイント1特色のあるコースラインナップ。

ハッカーの視点からコンピュータネットワークの脅威を認識するコースや、特定ベンダに依存しないファイアウォール技術を学習するコースなど、 特色のあるセキュリティコースを開催しています。

コース一覧

ポイント2充実した演習環境。

ハッキングツールやファイアウォールを活用した演習を通して、サイバー攻撃手法の具体的な仕組みや適切なセキュリティ対策について学習していただけます。

演習環境・教材

ポイント3初学者にも分かりやすい講義。

初学者には敷居が高いセキュリティ技術。しかし、CTC教育サービスでは経験豊富な講師陣が分かりやすい説明を心掛けて講習を行っていますので安心です。

講師紹介

ポイント1特色のあるコースラインナップ。

ハッカーの視点からコンピュータネットワークの脅威を認識するコースや、特定ベンダに依存しないファイアウォール技術を学習するコースなど、 特色のあるセキュリティコースを開催しています。

コース一覧

ポイント2充実した演習環境。

ハッキングツールやファイアウォールを活用した演習を通して、サイバー攻撃手法の具体的な仕組みや適切なセキュリティ対策について学習していただけます。

演習環境・教材

ポイント3初学者にも分かりやすい講義。

初学者には敷居が高いセキュリティ技術。しかし、CTC教育サービスでは経験豊富な講師陣が分かりやすい説明を心掛けて講習を行っていますので安心です。

講師紹介

セキュリティ対策 フェーズ別おすすめトレーニング

[導入フェーズ]
セキュリティ対策製品/技術の導入
必要スキル
  • 攻撃者の視点でシステムの脆弱性を発見する
  • 各種攻撃手法に対して適切な対策製品/技術を選定する
  • セキュリティ上の脅威/対策を経営層に提言する

対応コース
 
[運用フェーズ]
セキュリティ対策製品/技術の運用
必要スキル
  • 日々新たに発見される脆弱性情報/脅威情報を継続的に収集する
  • 見つかった脆弱性の優先順位付けを行い、適切な対策を実施する
  • サーバやセキュリティ対策製品のログからインシデントの兆候を発見する

対応コース
 
インシデント発生後
[インシデント対応フェーズ]
インシデントの原因・被害状況の究明と封じ込め/根絶/復旧
必要スキル
  • 証拠となるデジタルデータを保全する
  • 証拠データを分析し、インシデントの原因/被害状況を特定する
  • 被害の最小化と再発防止を図る

対応コース
セキュリティコースフロー N472 実践セキュリティ!サイバー攻撃手法とその対策 N474 実践セキュリティ!セキュリティ運用/インシデント検知 N476 実践セキュリティ!インシデント対応/フォレンジック調査
 

セキュリティ のコース一覧

セキュリティ入門/運用 CTCTオリジナルコース

セキュリティコース

カスタマイズ研修

カスタマイズ研修