IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

試験バウチャー対応 スキルチェック付き

vSphere環境の実践的な運用〜最適化、トラブルシューティング〜

VMware vSphere: Optimize and Scale [V6.7]

コースコードVM88 期間5日間 時間09:30~17:00 価格バウチャーあり(VM88V)
 \480,000(税抜き)
バウチャーなし(VM88)
 \460,000(税抜き)
主催ヴイエムウェア株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードVM88 期間5日間 時間09:30~17:00
価格バウチャーあり(VM88V)
 \480,000(税抜き)
バウチャーなし(VM88)
 \460,000(税抜き)
主催ヴイエムウェア株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードVM88
期間5日間
時間09:30~17:00
価格バウチャーあり(VM88V)
 \480,000(税抜き)
バウチャーなし(VM88)
 \460,000(税抜き)
主催ヴイエムウェア株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。

コース内容

コース概要

「VMware vSphere: Optimize and Scale (VMware vSphere: 最適化および拡張)」 は、VMware vSphere を使った経験のあるユーザーを対象にしています。このコースでは、可用性とスケーラビリティに優れた仮想インフラストラクチャを設定および保守するための高度なスキルについて学習します。講義と実習を通して、真に拡張性のあるインフラストラクチャの基盤となる vSphere の機能を設定および最適化します。また、これらの機能が最も効果的にはたらくタイミングと状況について説明します。vSphereの理解を深め、高度な機能と制御について学習したい人に最適なコースです。
このコースでは、ESXi 6.7 および vCenter Server 6.7 を使用します。

学習目標

・大規模で高機能のエンタープライズ環境に合わせて、ESXi のネットワークおよびストレージを設定および管理
・VMware vSphere Client、VMware vSphere Web Client、およびVMware vSphere ESXiシェルを使用してvSphereを管理
・仮想マシンを展開するためのコンテンツライブラリの作成
・vSphere コンポーネントのパフォーマンスを最適化
・セキュリティを強化して vSphere 環境を保護
・VMware vSphere Auto Deploy を使用して ESXi ホストをプロビジョニング
・仮想マシンの暗号化
・運用上の障害をトラブルシューティングし、根本原因を特定
・VMware vRealize Log Insightを使用してシステムログを監視
・Windows版vCenterからvCenterアプライアンスへの移行
・vCenterアプライアンスのHA構成
・ESXiホストのコンピューティング、ストレージ、およびネットワーキングリソースのメトリックの監視と分析

対象者

・システムの上級管理者vSphereの導入経験のある管理者
・システムの上級管理者システムエンジニア
・システムの上級管理者システムインテグレーター

前提知識

・VMware vSphere: インストール、構成、管理 [5.xまたは 6.x])または、VMware vSphere ESXi および VMware vCenter Server に関する同等の知識および管理経験(6か月以上)があること。
コマンド プロンプトを使用した実務経験があることが望ましい。
※上記コースの受講済みであることを強く推奨します。
※本コースの演習は、コマンドを使用しての演習が数多く含まれます。

スクール環境

・本コースについてはVMware VDC環境を使用致します
・認定テキストに準じた演習を実施します

内容

●コースの紹介

●ネットワークのスケーラビリティ
・分散スイッチの設定と管理
・Network I/O Control
・ポート ミラーリング、LACP、QoS タグ付け、NetFlow などの分散スイッチの機能

●ストレージのスケーラビリティ
・VMware vSphere API for Array Integration と VMware vSphere API for Storage Awareness
・仮想マシンのストレージ ポリシーの設定および割り当て
・vSANストレージポリシーの作成
・VMware vSphere Storage DRS および VMware vSphere Storage I/O Control の設定

●ホストおよび管理機能のスケーラビリティ
・コンテンツライブラリ
・ホストプロファイル
・VMware vSphere ESXi Image Builder CLI とvSphere Auto Deploy

●CPUの最適化
・CPUスケジューラの運用、およびCPUのパフォーマンスに作用するその他の機能
・NUMAとvNUMAのサポート
・esxtopを使用したCPUのパフォーマンス メトリックの監視

●メモリの最適化
・メモリのオーバーコミット時にメモリを再利用するためのバルーニング、メモリ圧縮、およびホスト スワッピング技術
・esxtopを使用したメモリの主要なパフォーマンス メトリックの監視

●ストレージの最適化
・ストレージ アクセスに関する問題の診断
・esxtopストレージの主要なパフォーマンス メトリックの監視

●ネットワークの最適化
・ネットワーク アダプタのパフォーマンスに関する機能
・vSphere ネットワークのパフォーマンスに関する機能
・ネットワークの主要なパフォーマンス メトリックの監視

●vCenter Server可用性とパフォーマンス
・vCenter Serverパフォーマンスに影響を与える要因
・vCenter Server Appliance ツールを使用したリソースの監視

●vSphereのセキュリティ
・ESXiホストのアクセスと認証の設定
・ESXi、vCenter Server、および仮想マシンのセキュリティ
・VMware認証局
・vSphereの暗号化機能(仮想マシン、コアダンプ、vMotion)

備考

コース内容は、予告なく変更となる場合がございます。
本コースを受講することが、VCP認定試験のための前提条件となります。

[テキスト]
電子テキスト(eBook)を使用します。
テキストは日本語です。
講義は日本語で行います。

[補足資料]
集合研修(会場で受講)参加の方は、紙でお渡しします。
ライブオンライン参加の方は、電子版をお渡しします。

[VMware関連資格]
VCP-DCV 資格
(VCP資格は取得した西暦が設定されます。2020年に取得した場合⇒ 「VCP-DCV 2020」)

[CTCTオリジナルスキルチェック提供コース]
スキルチェックは、PCまたはモバイル端末から復習問題や模擬試験を受験できるオンライン学習システムです。
受講から3ヶ月、通勤中や空いた時間など、いつでもどこでも繰返し学習することができます。
VCP-DCV資格に対応した Foundation試験とVCP試験のスキルチェックをお渡し致します。

[バウチャー付きコースに関して]
バウチャー付きコース型番を申し込まれた方にVCP試験バウチャーのみをお配り致します。
Foundation試験のバウチャーは含まれません。
試験バウチャーの配布に関して、集合研修(会場で受講される)の方は、紙でお渡しします。
ライブオンライン参加の方は、個別にご連絡します。

[Liveオンライン研修]  ※【会場】Liveオンラインまたは【会場】Liveオンライン(H)の方
Liveオンライン研修で受講される場合、ご受講の際、下記のソフトウェアが必要です。
・Zoom
各ソフトウェアの利用マニュアルは、下記をご確認ください。
Liveオンライン研修 使用ソフトウェア 各種マニュアル
また、テキストとCTCTオリジナルコンテンツは電子版をお渡しいたします。
※Liveオンライン研修について
https://www.school.ctc-g.co.jp/liveonline/index.html

VMwareトレーニングへお申込み前に必ずご確認ください

※VMwareトレーニングのお申込みには、VMware社MyLearnサイトのユーザ情報が必要です。
お申し込み時、弊社お申込みフォーム(受講者情報)にてMyLearnサイトにご登録いただきましたEmailを受講者ごとにご入力下さい(初めてVMwareトレーニングを受講される方は、VMware社MyLearnサイトにてユーザ登録が必要です)。詳しくはこちら

※キャンセルポリシーを必ずご確認下さい。
ヴイエムウェア株式会社主催のキャンセルポリシーを必ずご確認の上、お申込み下さい。
キャンセルポリシーはこちら

※コース受講日までに電子テキストをご準備ください。
VMwareトレーニングでは、電子ブック形式のテキストを使用いたします。ご受講の皆様は、コース受講日までに電子テキスト入手のためのお手続きを事前に完了していただき、コース受講日にeVantageアカウント情報を忘れずにお持ちください。詳しくはこちら

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

 このコースは、Liveオンライン研修または集合研修(会場)で開催するコースです。
 (Liveオンライン研修の詳細はこちら
 Liveオンライン研修をご希望の方は、"【会場】Liveオンライン" の日程をお申し込みください。

コース一覧

VMwareのコース一覧