IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database 12c: SQL 基礎 I

コースコードSTI535 期間3日間 時間09:30~17:30 価格\214,200(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI535 期間3日間 時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI535
期間3日間
時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き)
主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

リレーショナル・データベースの基本 SQLを身につけたい方向けの、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c対応コースです。

はじめてOracleデータベースに触れる方でも安心にとってもわかりやすい、Oracle Database 12cのデータベース・テクノロジとSQLの書き方を学ぶことができます。

リレーショナル・データベースとリレーショナル・データベースへアクセスするための標準言語であるSQL言語の書き方を学ぶことができます。
また、1つの表および複数の表に対する問合せの記述、表内のデータの操作、データベース・オブジェクトの作成を行うために必要なSQLスキルを確実に身につけることができます。
さらに、単一行関数を使用して出力をカスタマイズする方法や、変換関数と条件式の使用方法およびグループ関数を使用した集計データの問い合わせなども習得できます。
SQLを記述するための主要な開発環境ツールとしてOracle SQL Developer、およびSQL*Plusを活用し、豊富な実機演習により知識が補強されます。

学習目標

・リレーショナル・データベースの基礎の理解
・Oracle Database 12cの概要の理解
・SQL言語の理解
・このコースで使用するデータベースおよびスキーマの説明
・このコースで使用する開発環境の理解
・DMLおよびDDLの理解
・基本的なSQL関数の理解
・副問い合わせの使用

対象者

・アプリケーション開発者
・データベース管理者
・システム・アナリスト
・PL/SQL 開発者
・データベース設計者
・Forms 開発者

前提知識

下記コースの受講又は同等の知識
・コンピュータの基本操作

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 12c

内容

●SQL SELECT文を使用したデータの取得
●データの制限とソート
●単一行関数を使用した出力のカスタマイズ
●変換関数と条件式の使用方法
●グループ関数を使用した集計データのレポート
●結合を使用した複数の表のデータの表示
●副問合せによる問合せの解決方法
●集合演算子の使用
●DML文を使用した表の管理
●データ定義言語の概要

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。