IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

通常の5日間と同内容を時間拡大の3日間でマスター!

Oracle Database 12c 管理ワークショップ(凝縮)

コースコードSTI531 期間3日間 時間09:00~20:00 価格\357,000(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI531 期間3日間 時間09:00~20:00
価格\357,000(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI531
期間3日間
時間09:00~20:00
価格\357,000(税抜き)
主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Database 12cのプロフェッショナルへの第一歩!
データベース管理の基本を身につけたい方向けの、ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c対応コースです。

このコースを受講すると、データベース管理者として大規模なデータベース管理に必要な知識を習得できます。
Oracle Databaseアーキテクチャから、Oracle Databaseインスタンスの効率的な管理方法、Oracleネットワーク環境の構成方法、データベース・メンテナンスの実行方法、データベース・リソース・マネージャを使用したリソースの管理方法など、Oracle Database 12cを効率的に利用する方法ついて学習します。
コースで習得した技術を活用することで、データベースのパフォーマンス管理を短時間で安全かつ簡単に実行できるようになります。
さらに、データベース・ワークロードを最適化し、ITコストを削減して、より高いサービス品質を実現することで、データベース・クラウドへの統合を可能にします。
実践的な演習は、経験豊富なインストラクタにより分かりやすく解説され、理解をより深めていただけます。

【ご注意】 本コース内容は、「Oracle Database 12c: 管理 クイック・スタート」、「Oracle Database 12c: 管理 ネクスト・ステップ」両コース受講相当の内容です。

学習目標

・Oracle Databaseインスタンスの作成および管理
・記憶域構造の作成および管理
・Oracleネットワーク環境の構成
・ユーザーの作成および管理
・データベースの監視およびパフォーマンスの管理
・バックアップおよびリカバリ技術の基本情報の学習
・データベース・リソース・マネージャを使用したリソースの管理
・Oracle Schedulerを使用したタスクの自動化
・Oracleサポート・ワークベンチおよびMy Oracle Supportを使用したOracle Databaseソフトウェアの更新

対象者

・データウェアハウス管理者
・データベース管理者
・データベース設計者
・サポート・エンジニア
・テクニカル管理者

前提知識

下記コースの受講又は同等の知識
・Oracle Database 11g入門 SQL基礎I 【eKit】
・Oracle Database 12c SQL 基礎 I 【eKit】

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 12c

内容

●Oracle Databaseアーキテクチャの確認
●データベース・インスタンスの管理
●Oracleネットワーク環境の構成
●データベース記憶域構造の管理
●ユーザー・セキュリティの管理
●データ同時実行性の管理
●UNDOデータの管理
●Oracle Database監査の実装
●データベースのメンテナンスの実行
●パフォーマンスの管理
●パフォーマンスの管理: SQLチューニング
●データベース・リソース・マネージャを使用したリソースの管理
●Oracle Schedulerを使用したタスクの自動化
●領域の管理
●バックアップおよびリカバリの概念
●データの移動
●Oracleサポート・サービスとの連携

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。