IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

SQLにプログラム言語機能を追加した PL/SQL の第一歩 Oracle 12c 対応

Oracle Database 12c: PL/SQL基礎

コースコードSTI515 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\142,800(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI515 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI515
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き)
主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

本コースは、PL/SQLプログラミング言語について学習します。
PL/SQLは、Oracle上で実行できるプログラミング言語であり、PL/SQLブロックの中では、変数を宣言したり条件分岐(IF文)や繰り返し制御(ループ)などの処理フローを記述できます。
実習を通じて、ストアド・プロシージャ、ストアド・ファンクション、および複数のフォームやデータ管理アプリケーションで共有可能なアプリケーション・コード・ブロックの作成方法を修得でき、単一のSQLでは記述できない複雑な処理も、PL/SQLを利用すると、簡単かつ高速に処理が行えることを実感できます。

学習目標

・単純なストアド・プロシージャおよびストアド・ファンクションの作成と実行
・PL/SQLの機能および構文の説明
・効率的に実行されるPL/SQL無名ブロックの設計
・PL/SQLプログラミングの構成要素および条件付き制御コード・フロー(ループ、制御構造および明示カーソル)の使用
・ランタイム・エラーの処理
・データベースに接続するPL/SQLコードの記述

対象者

・Forms 開発者
・PL/SQL 開発者
・Portal 開発者
・システム・アナリスト
・テクニカル・コンサルタント

前提知識

下記コースの受講又は同等の知識
・データ処理の概念および手法に関する知識
・プログラミング言語に関する知識
・Oracle Database 12c SQL 基礎 I 

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 12c

内容

●PL/SQLの概要
●PL/SQL変数の宣言
●実行文の記述
●PL/SQLブロック内でのSQL文の使用
●制御構造の記述
●コンポジット・データ型の処理
●明示カーソルの使用
●例外の処理
●ストアド・プロシージャおよびストアド・ファンクションの作成

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2018年

02月05日(月) ~ 02月06日(火)
【価格】 154,224円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 STI515
【主催】 アイスタディ株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

03月19日(月) ~ 03月20日(火)
【価格】 154,224円(税込)
【期間】 2日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 STI515
【主催】 アイスタディ株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。