IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database 11g パフォーマンスチューニング

コースコードSTI500 期間5日間 時間09:30~17:30 価格\357,000(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI500 期間5日間 時間09:30~17:30
価格\357,000(税抜き) 主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードSTI500
期間5日間
時間09:30~17:30
価格\357,000(税抜き)
主催アイスタディ株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Database 11gのパフォーマンス・チューニング手法を習得!

本コースでは、SQLチューニング・アドバイザ、SQLアクセス・アドバイザ、自動ワークロード・リポジトリや自動データベース診断モニタなどのOracle Database 11g自動チューニング機能の使い方、およびチューニング方法を習得します。
SQL文のパフォーマンス管理やOracle Databaseのインスタンス・コンポーネントのチューニングなど、DBAに求められるチューニング・タスクに焦点を当てています。
受講者は豊富な実機ワークショップを通じて、実践的なチューニング手法を習得します。
なお、個別のコースでカバーされる、パーティション・チューニングやマテリアライズド・ビュー、RAC特有のトピックなどについては扱いません。

学習目標

・データベース統計およびメトリックを使用したパフォーマンス問題の認識
・チューニング診断の理解
・チューニング・ツールの目的と使用方法
・問題のあるSQL文の認識
・オプティマイザの適用

対象者

・データベース管理者
・サポートエンジニア
・テクニカルコンサルタント

前提知識

下記コースの受講又は同等の知識
・Oracle Database 11g 管理 ワークショップI
・Oracle Database 11g 管理 ワークショップII

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 11g

内容

●パフォーマンス・チューニング概要
●基本ツールを使用した監視
●自動ワークロード・リポジトリ(AWR)の使用
●問題の認識
●問題のあるSQL文の認識
●オプティマイザの適用
●SQL計画管理
●変更の管理
●メトリックおよびアラートの使用
●AWR関連ツールの使用
●サービスを使用したアプリケーションの監視
●ベースライン
●共有プールのチューニング
●バッファ・キャッシュのチューニング
●PGAおよび一時領域
●自動メモリー管理
●ブロック領域使用量のチューニング
●I/Oのチューニング
●パフォーマンス・チューニング:まとめ
●付録)Statspackの使用

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。