IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

〜Oracle Databaseを使用したデータベース管理の基礎〜

Oracle Database 11g: 管理 ネクスト・ステップ

コースコードS574 期間3日間 時間09:30~17:30 価格\214,200(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードS574 期間3日間 時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードS574
期間3日間
時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Databaseを効果的に利用するために必要な知識を学習します。

学習目標

・Oracle Databaseの基本アーキテクチャを理解する
・効果的にデータベースを管理するための知識を習得、操作できる

対象者

・データベース管理の基本からより高度な設定までを学習したい方
・Oracle Master Silver DBA 11g の取得を目指す方

前提知識

・「Oracle Database 11g: 入門 SQL基礎 I」「Oracle Database 11g: 管理 クイック・スタート」を受講された方、または同等の知識をお持ちの方
・SQLコマンドでのデータベース操作ができる方

スクール環境

・Linux
・Oracle Database 11g

内容

●Oracleデータベース・アーキテクチャの確認
・データベース構造
・メモリ構造
・プロセス構造

●Oracleインスタンスの管理
・インスタンスの起動・停止
・データ・ディクショナリ

●データベース記憶域構造の管理
・論理データベース構造および物理データベース構造
・データベース・ブロックの構造
・表領域およびデータファイル
・Oracle Managed Files (OMF)
・表領域の管理

●Oracleネットワーク環境の構成
・リスナーの構成・管理
・ネーミング・メソッド
・専用サーバーおよび共有サーバー構成

●データおよび同時実行性の管理
・COMMITおよびROLLBACKコマンド
・ロック・メカニズム
・ロック競合の検出および解消
・デッドロック

●ユーザー・セキュリティの管理
・データベース・ユーザアカウント
・管理者権限
・システム権限およびオブジェクト権限
・ロール
・プロファイル
・複雑なパスワードの検証

●Oracle Databaseセキュリティの実装
・セキュリティ要件
・標準データベース監査
・ファイン・グレイン監査
・DBA監査
・セキュリティ・パッチの適用

●データベースのメンテナンス
・パフォーマンス監視
・自動ワークロード・リポジトリ(AWR)
・自動データベース・診断モニター(ADDM)
・アドバイザ・フレームワーク
・オプティマイザ統計

●バックアップおよびリカバリの概念
・障害のカテゴリ
・インスタンス・リカバリ
・メディア障害
・制御ファイル、REDOログ・ファイルの多重化
・アーカイブ・ログ・ファイル
・ARCHIVELOGモード
・各種障害からのリカバリ
・データ・リカバリ・アドバイザ

●データの移動
・SQL*Loader
・Data Pumpユーティリティ
・外部表

備考

この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。