IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat OpenShift Development I,Containerrizing Applications

コースコードRHD288 期間3日間 時間09:30~17:30 価格\165,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHD288 期間3日間 時間09:30~17:30
価格\165,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHD288
期間3日間
時間09:30~17:30
価格\165,000(税抜き)
主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

RedHat®OpenShift Container Platformは、コンテナ化されたソフトウェアアプリケーションの開発とデプロイのためのエンタープライズ対応のソリューションを開発者に提供します。 Red Hat OpenShift Development I:Containerizing Applicationsは、コンテナネイティブアプリケーションを作成する場合でも、既存のアプリケーションを移行する場合でも、RedHat®OpenShift Container Platformによって開発者の生産性を向上させる実践的なトレーニングを提供します。

学習目標

・コンテナ化されたソフトウェアアプリケーションをOpenShiftクラスタで設計、構築、および展開する方法を習得する。

対象者

・アプリケーションのデプロイに最適な方法としてコンテナを採用することに関心をもつソフトウェア開発者およびソフトウェアアーキテクト

前提知識

・ Introduction to Containers, Kubernetes, and Red Hat OpenShift course を受講済みか、同等の知識を持っていること

・Red Hat認定システム管理者(RHCSA)であるか、より高い認定を取得していることは、コマンドラインの使用やナビゲーションに役立ちますが、必須ではありません

スクール環境

・Red Hat OpenShift 3.6

内容

●OpenShift クラスタでのアプリケーションのデプロイと管理
●コンテナ化されたアプリケーションの OpenShift 向けの設計
●エンタープライズコンテナイメージのパブリッシュ
●アプリケーションのビルド
●Source-to-Image ビルドのカスタマイズ
●OpenShift テンプレートからのアプリケーション作成
●アプリケーションデプロイメントの管理
●OpenShift へのアプリケーションの移行
●学習内容の包括的な確認,Red Hat OpenShift Development I,アプリケーションのコンテナ化

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。
・アカウント確認方法
RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japanよりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

関連するコース

開催予定日

2019年

01月29日(火) ~ 01月31日(木)
【価格】 178,200円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 RHD288
【主催】 レッドハット 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

Red Hatのコース一覧