IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hat 認定スペシャリスト試験 −OpenShift Administration−(RHD280EX)

コースコードRHD280EX 期間1日間 時間09:30~12:30 価格\50,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHD280EX 期間1日間 時間09:30~12:30
価格\50,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRHD280EX
期間1日間
時間09:30~12:30
価格\50,000(税抜き)
主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Administration - 認定試験は、Red Hat® OpenShift® Container Platformを使用して、クラウド・アプリケーション・プラットフォームを作成、設定、管理する知識、スキル、能力をテストします。

内容

Red Hat 認定スペシャリスト - OpenShift Administration - には以下のタスクを実行する能力が必要です。

●OpenShift Container Platform の全般的な設定と管理
・コマンドラインと Web コンソールを理解して使用する
・プロジェクトを作成して削除する
・Kubernetes リソースをインポート、エクスポート、設定する
・永続レジストリストレージを設定する
・リソースとクラスタのステータスを確認する
・ログを確認する
・一般的な問題をトラブルシューティングする
●Docker のイメージ管理
・イメージレジストリを理解して操作する
・イメージをリストする
・アーカイブファイルからイメージをロードする
・イメージタグを使用する
・イメージをプルおよびプッシュする
●ユーザーおよびポリシーの管理
・ユーザーを作成して削除する
・ユーザーのパスワードを変更する
・ユーザーおよびグループの権限を変更する
●アプリケーションの作成と管理
・永続アプリケーション・ストレージをプロビジョニングする
・Source-to-Image (S2I) を使用してアプリケーションをデプロイする
・Git を使用してアプリケーションを設定する
・アプリケーション・テンプレートを編集してインポートする
・既存のコンポーネントからアプリケーションをアセンブルする
・マルチコンテナ・アプリケーションをデプロイする
・コンテナ化されたサービスを作成する
・外部ルートを作成して編集する
・TLS 証明書を使用してルートをセキュリティ保護する
●監視とチューニング
・メトリクスをインストールして設定する
・リソース使用量を制限する
・増加する要求に合わせてアプリケーションを拡張する
・クラスタノードへの Pod 配置を制御する
Red Hat のすべての実技試験と同様に、再起動後も自動で設定が維持されるようにする必要があります。

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。
・アカウント確認方法
RedHatコーポレートサイト https://www.redhat.com/ja/global/japanよりログインしていただき、「ユーザー管理」→ editの右に記載されている文字列をお知らせください。

※ログインアカウント作成時には、氏名をローマ字または英語表記で作成してください。
 既にログインアカウント作成済みの方は、日本語氏名でご登録していた場合、ローマ字氏名へご変更ください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

Red Hatのコース一覧