IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Red Hatエンタープライズ パフォーマンスチューニング

コースコードRH442 期間4日間 時間09:30~17:30 価格\320,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRH442 期間4日間 時間09:30~17:30
価格\320,000(税抜き) 主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードRH442
期間4日間
時間09:30~17:30
価格\320,000(税抜き)
主催レッドハット 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

RH442コースは、RHCEレベルのスキルを持った方を対象に、システムアーキテクチャや性能の特性、システムのモニタリング、ベンチマーク、ネットワークのパフォーマンスチューニングなどを取り扱います。実習を中心とした4日間のコースです。

学習目標

RH442では、Red Hat Enterprise Linuxのパフォーマンスチューニングとキャパシティプランニングの方法を学習します。このクラスでは、以下の項目がカバーされます。
・システムアーキテクチャに関する考察
 システムアーキテクチャがシステムのパフォーマンスに与える影響を理解することに重点を置きます。
・パフォーマンス調整の効果をテストする方法(ベンチマーキング)
・オープンソースのベンチマークユーティリティ
・システムパフォーマンスとネットワーキングパフォーマンスの分析方法
・特定のアプリケーション負荷に対するチューニング設定
Red Hat Enterprse Linux により提供されるツールを利用して、システムの分析やパフォーマンスチューニングの必要性と実施方法を学ぶ。

対象者

・Red Hat Enterprise Linuxのシステム管理者、商用環境やミッションクリティカルなシステムを管理しているIT技術者の方。

前提知識

・RHCE認定または同等のスキルと知識が推奨されます。コースの受講を検討していてRHCE認定を取得していない場合は、レッドハットのスキルチェックテストでスキルを確認することをお薦めします。

内容

●パフォーマンスチューニングの基本:原理と用語
●監視ユーティリティとチューニングメカニズム
●SNMPによるシステム監視
●カーネルの監視
●ハードウェアのパフォーマンスに関する考察
●CPU:プロセスとスケジューリング
●メモリ−その1
●メモリ−その2
●I/Oサブシステム
●ファイルシステムのパフォーマンスに関する問題点
●ネットワークパフォーマンス
●アプリケーションのチューニング
●サービス固有のチューニングに関する推奨事項

備考

※Red Hat トレーニングの受講および認定試験の受験のお申込に際しては、Red Hat Netowork のログインアカウントが必要となります。
 お申し込み時には、備考欄に必ず 「Red Hatアカウント」をご記載くださいますようお願いいたします。
 まだ「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、「Red Hat アカウント登録ガイド」の手順に従い登録いただいた「Red Hatアカウント」をお知らせください。
 「Red Hatアカウント」のお知らせがないと、お申し込み手続きが完了いたしませんのでご注意ください。

関連するコース

開催予定日

2017年

07月31日(月) ~ 08月03日(木)
【価格】 345,600円(税込)
【期間】 4日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 RH442
【主催】 レッドハット 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

Red Hatのコース一覧