IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

分割コース

〜Implementing and Managing Storage〜

Azure ストレージの作成と管理

コースコードP732 期間1日間 時間09:30~17:30 価格\60,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードP732 期間1日間 時間09:30~17:30
価格\60,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードP732
期間1日間
時間09:30~17:30
価格\60,000(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

現在オンプレミスな環境でインフラストラクチャの管理を行っている方に Microsoft Azure ストレージの管理と導入を紹介します。
仮想マシンの格納、ファイル共有、バックアップ、コンテンツキャッシュなど、様々な用途に利用するために役立つ知識を身につけることができます。

学習目標

・Azureストレージアカウントを複数のデータレプリケーション、価格、コンテンツシナリオで作成します。
・virtual machine storage、 blob storage、 Azure files、 structured storage を導入します。
・shared access keys、 Azure backup、Azure File Sync を構成してセキュリティを高め、ストレージを管理します。
・Azure Content Delivery Network と the Import and Export serviceを使用してデータを保存し、アクセスします。
・Metrics and alerts、および Activity Log を使用してAzure Storage を監視します。

対象者

・情報技術 (IT) 担当者でクラウド技術の知識を有していて、Microsoft Azure についてもっと詳しく知りたい方。
・Microsoft Azure 上で、展開・構成を行う IT 技術者およびサービスや仮想マシンを管理する IT 担当者。

前提知識

この研修に参加するには、以下の技術的知識が必要です。
・オペレーティングシステム、仮想化、クラウドインフラストラクチャ、ストレージ、ネットワークの経験
・「クラウド概要(Microsoft Azure分野)」「Azureサブスクリプションおよびリソースの管理」を受講済みの方、
もしくはAzure サブスクリプション、Azure Resource Managerといった基本概念の理解、Azure 管理ツール(GUI/CLI)使用経験のある方

(関連するコースへのリンク)
スクール環境

・Microsoft Azure Pass (研修用 Azure サブスクリプション)

内容

●Azureストレージの概要
・Azureストレージアカウント
・データレプリケーション
・Azure Storage Explorer

●ストレージサービス
・Virtual Machine storage
・Blob storage
・Azure files
・Structured storage

●ストレージの管理とセキュリティの構成
・Shared access keys
・Azure backup
・Azure File Sync

●データのアクセスと保存
・Azure Content Delivery Network
・Import and Export service

●ストレージの監視
・Metrics and Alerts
・Activity Log

備考

テキストは英語ですが、講義は日本語で行います。

※コースカリキュラムは予告なく変更となる可能性があります。

関連するコース

開催予定日

2019年

05月28日(火) ~ 05月28日(火)
【価格】 64,800円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 P732
【主催】 CTCT
07月02日(火) ~ 07月02日(火)
【価格】 64,800円(税込)
【期間】 1日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 P732
【主催】 CTCT

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。