IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Cloud IaaS: Compute and Storage Fundamentals

コースコードOR542 期間3日間 時間09:30~17:30 価格\214,200(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR542 期間3日間 時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR542
期間3日間
時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

Oracle Compute Cloud Service を使用してOracle Linux 仮想マシン(VM)を作成したり、Oracle Storage Cloud Service に非構造化データを格納する方法について説明します。また、オーケーストレーションの方法やインスタンス、ネットワーク、ストレージリソースなどの作成・管理に関するベストプラクティスの適用方法についても学習することができます。

学習目標

・このコースの学習内容を活用することで、Oracle Cloud IaaS の主要なサービスである Oracle Compute Cloud Service と、ファイルや非構造化データのためのエンタープライズクラスのオブジェクト・ストレージ・ソリューションであるOracle Storage Cloud Service を使った柔軟なインフラストラクチャの構築を実現することができます。

対象者

・開発者
・システム管理者

前提知識

・基本的なLinuxのスキル
・Oracle Linux システム管理

内容

●コースの概要とOracle Linuxの概要
 ・コースの目的
 ・スケジュール
 ・Linuxの略歴
 ・Linux ディストリビューション
 ・Oracle Linux
 ・UEK

●仮想化の概要
 ・仮想化とは何か?
 ・仮想化のイメージ
 ・仮想化の利点

●IaaSの概要
 ・IaaSとは何か?
 ・IaaS のイメージ
 ・IaaS の利点
 ・IaaS をどのように使うか?
 ・Oracle のIaaS サービス

●Oracle Compute Cloud Serviceの概要
 ・Oracle Compute Cloud Serviceの概要
 ・Oracle Compute Cloud Service の機能
 ・Oracle Compute Cloud Serviceをどのように使うか?

●ストレージの概念
 ・ストレージの概要
 ・ストレージのタイプ:ローカル・ストレージとクラウド・ストレージ
 ・クラウド・ストレージのタイプ:パブリック、パーソナル、ハイブリッド
 ・ストレージのタイプ:ブロック・ストレージ、オブジェクト・ストレージ、エフェメラル・ストレージ

●Oracle Storage Cloud Serviceの概要
 ・オブジェクト・ストレージの概要
 ・オブジェクト・ストレージの仕組み
 ・オブジェクト・ストレージの利点
 ・Oracle Storage Cloud Serviceについて
 ・Oracle Storage Cloud Serviceへのアクセス
 ・Cygwin とcURLのインストール

●Oracle Compute Cloud Service インスタンス
 ・仮想マシンの概要
 ・仮想マシンで何ができるか?
 ・WebコンソールからのOracle Compute Cloud Service の使用
 ・仮想マシン作成のための準備
 ・SSH鍵
 ・SSH鍵の使用方法
 ・SSH鍵ペアの作成方法
 ・ローカルホストでの秘密鍵と公開鍵の保存

●ネットワーク設定
 ・ネットワークの概要
 ・インスタンスへのアクセスの制御方法
 ・セキュリティ・リスト
 ・セキュリティ・ルール
 ・SSHアクセス
 ・パブリックIPアドレスの予約
 ・パブリックIP アドレスと仮想マシンの関連付け
 ・セキュリティ・リストの作成

●Oracle Compute Cloud Service のブロック・ストレージ・ボリューム
 ・ブロック・ストレージ・ボリュームの使用方法
 ・ブロック・ストレージ・ボリュームの作成
 ・既存の仮想マシンへのブロック・ストレージ・ボリュームの追加
 ・新しいストレージ・ボリュームの確認
 ・ファイル・システム
 ・ストレージ・ボリュームでのファイル・システムの作成
 ・マウント・ポイント
 ・仮想マシンでのストレージ・ボリュームのマウント

●Oracle Compute Cloud Service のブート可能なストレージ・ボリューム
 ・ブート可能なストレージ・ボリュームの概要
 ・マシン・イメージの概要
 ・ブート可能なストレージ・ボリュームの作成
 ・ブート可能なストレージ・ボリュームを使用したインスタンスの作成方法
 ・ストレージ・ボリュームへのアクセス方法

●Oracle Compute Cloud Service のオーケストレーション
 ・オーケストレーションの概要
 ・オーケストレーションを使用する理由
 ・オーケストレーションのイメージ
 ・オーケストレーションを使用して作成できるオブジェクト
 ・JSONの概要
 ・JSON の構文
 ・JSON の編集と構文チェックツール
 ・オーケストレーションを使用したインスタンスの作成手順

●HTTP とREST の基礎
 ・HTTPの概要
 ・HTTPの仕組み
 ・HTTP ヘッダ
 ・HTTP メソッド
 ・URLとは
 ・RESTの概要
 ・JSONの概要

●Oracle Storage Cloud Serviceのアクセスおよび認証
 ・Oracle Storage Cloud Serviceへのアクセス
 ・認証トークンと有効期限の理解
 ・認証URLの作成方法
 ・アカウント情報の準備
 ・認証トークンを使用したオブジェクトの格納
 ・アクセス制御リスト(ACL)を使用したデータの保護

●Oracle Storage Cloud Service のコンテナおよびオブジェクト
 ・コンテナの概要
 ・コンテナの作成
 ・コンテナのメタデータの設定
 ・コンテナの一覧表示
 ・コンテナの削除
 ・オブジェクトの概要
 ・コンテナ内のオブジェクトの一覧
 ・オブジェクトの作成

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2017年

12月13日(水) ~ 12月15日(金)
【価格】 231,336円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR542
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

2018年

02月21日(水) ~ 02月23日(金)
【価格】 231,336円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR542
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

Oracleのコース一覧