IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database Cloud for Oracle DBAs

コースコードOR541 期間3日間 時間09:30~17:30 価格\214,200(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR541 期間3日間 時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR541
期間3日間
時間09:30~17:30
価格\214,200(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

この「Oracle Database Cloud for Oracle DBAs」研修では、Oracle Database Cloud Serviceの管理方法について説明します。Oracle Database 18c環境をクラウドにデプロイして管理する方法を学習したい、従来のDBAが対象です。

● データベース・デプロイメント
Oracle Universityの熟練講師が、Oracle Public Cloudで提供されるサービスの全体像をお伝えします。Oracle Public Cloudアカウントにサインインし、データベース・デプロイメントを作成する方法、データベース・デプロイメントの削除、停止、再起動、パッチ適用およびアップグレードを行う方法を学習します。

さらに、データベース・デプロイメントへのストレージの追加、コンテナの追加、およびオンデマンド・バックアップおよびリカバリ操作を行うための知識とスキルを身に付けます。セキュリティ情報について詳しく説明します。これには、ツールおよび他のデータベース・デプロイメントからのネットワーク・アクセス・ルールの構成、計算ノードおよびデータベース・レベルでのデータベース・デプロイメント・セキュリティの管理、停止中および転送中のデータの暗号化の管理、データベース・デプロイメントで実行される操作の監査が含まれます。また、Oracle DatabaseをOracle Cloudへ移行するために利用できる様々な移行方法を概観します。

最後に、DBaaSモニターの使用方法およびデータベース・デプロイメントでの調整対象について学習します。Enterprise Manager Database Expressへのアクセス方法およびパフォーマンス・ハブとチューニング・アドバイザの使用方法の他に、待機、セッションおよびアラート・セクションについても重点的に説明します。また、受講者はCPUおよびRAMリソースを増やしてデータベース・デプロイメントをスケーリングできるようになります。

● DBAに最適
このコースは、従来のDBAがクラウドのDBAを目指してスキルを向上させるために最適です。この実践的な研修を受講すると、Cloud DBAの認定試験の準備になります。

学習目標

・Oracle Database Cloud Serviceへのサインイン
・Oracle Database 18c環境のデプロイ
・Oracle Database Cloud Serviceコンソールおよびクラウド・ツールを使用した、データベース管理における様々な分野(ストレージ、バックアップ、リカバリ、セキュリティ、パフォーマンスおよび監視)
・データベース・デプロイメントの作成、削除、停止、再起動、パッチ適用およびアップグレード
・DBaaSモニター・ユーティリティを使用したデータベース・デプロイメントの監視
・すべてのレベル(Oracle Cloud Service、計算ノードおよびデータベース)でのユーザーの管理

対象者

・セキュリティ管理者
・データベース管理者

前提知識

・Oracle Database 11gまたは12c(あるいはその両方)の管理に関する知識

内容

●Enterprise Manager Database Expressへのアクセス
●データベース・デプロイメントのストレージの追加
●データベース・デプロイメントで実行される操作の監査
●ネットワーク・セキュリティ・ルールの構成
●データベース・デプロイメントの作成および管理
●様々な移行方法の説明
●すべてのレベル(Oracle Cloud Service、計算ノードおよびデータベース)でのユーザーへの権限およびロールの付与
●計算ノードとデータベースでの、データベース・デプロイメント・セキュリティ・アクセスの管理
●停止中および転送中のデータの暗号化の管理
●DBaaSモニター・ユーティリティを使用したデータベース・デプロイメントの監視
●データベース・デプロイメントのオンデマンドのバックアップおよびリカバリの実行
●CPUおよびRAMリソースを増やすデータベース・デプロイメントのスケーリング
●DBaaSモニター・ユーティリティを使用したデータベース・デプロイメントのチューニング
●Oracle Cloud Serviceコンソールの使用

備考

※この研修コースの教材は、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

関連するコース

開催予定日

2018年

12月17日(月) ~ 12月19日(水)
【価格】 231,336円(税込)
【期間】 3日間 【時間】 09:30~17:30
【コースコード】 OR541
【主催】 日本オラクル 株式会社

「空席」をお電話もしくはメールにてご確認ください。

お電話:0120-667-230
メール:→お問い合わせフォーム

予約番号をお持ちのお客様は、【予約番号の入力】ボタンをクリックしてください。

 

コース一覧

Oracleのコース一覧