IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

Oracle Database 12c: マルチテナント・アーキテクチャ Ed 1

コースコードOR512 期間2日間 時間09:30~17:30 価格\142,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR512 期間2日間 時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き) 主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードOR512
期間2日間
時間09:30~17:30
価格\142,800(税抜き)
主催日本オラクル 株式会社

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

注目のマルチテナント・アーキテクチャのすべてを使いこなす。
ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c対応コース
このコースでは、Oracle Database 12cの新機能であるマルチテナント・アーキテクチャの概念を深く理解することができます。マルチテナント・コンテナ・データベースおよび関連付けられたプラガブル・データベースを効果的かつ効率的に管理する方法について学習します。
学習内容:
・マルチテナント・アーキテクチャの理解
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの作成および管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベース内の記憶域の管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベース内のセキュリティの管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベース内のパフォーマンスを監視し、リソースを管理します。
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベース上でのバックアップ、リカバリおよびフラッシュバック操作
・Data Guard、Database Vaultなどの特定の構成でのCDBおよびPDBの管理
・Oracle Data Pump転送、ロード、および暗号化、監査などの特定の操作の実行
●このコースの利点
このコースで習得した技術を活用することで、データベースのパフォーマンス管理を短時間で安全かつ簡単に実行できるようになります。データベース・ワークロードを最適化し、ITコストを削減して、より高いサービス品質を実現することで、データベース・クラウドへの統合を可能にします。
●マルチテナント・アーキテクチャ
このコースでは、マルチテナント・アーキテクチャのすべての機能について学習します。マルチテナント・コンテナ・データベースおよび関連付けられたプラガブル・データベースのコンポーネントに関する詳細な情報から、ビジネス・アプリケーションに適した記憶域構造を持つマルチテナント・コンテナ・データベースおよび関連付けられたプラガブル・データベースを作成および管理する方法について学習します。また、マルチテナント・コンテナ・データベースのデータベースを接続および切断する実践的な演習に加えて、共通ユーザーとローカル・ユーザーを作成して、ビジネス要件に合わせてデータベース・セキュリティを管理する方法についても学習します。
●プラガブル・データベースのバックアップとリカバリ
このコースでは、マルチテナント・コンテナ・データベースとプラガブル・データベースのバックアップ、リカバリおよびフラッシュバックの手順について説明します。
●リソースの管理と監視
許容されるレスポンス時間をユーザーに提供し、リソースを効率的に管理するために、パフォーマンスを監視し、マルチテナント・コンテナ・データベース内のリソースを管理する方法について学習します。

学習目標

・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの記憶域の管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースのバックアップおよびリカバリ操作
・マルチテナント・コンテナ・データベース内のリソースを共有するためのリソース・マネージャの構成
・様々な方法によるプラガブル・データベースの作成
・マルチテナント・コンテナ・データベースの作成
・マルチテナント・アーキテクチャについての説明
・共通ユーザーおよびローカル・ユーザーのアカウントの作成と管理
・プラガブル・データベースでのOracle Data Pump、SQL*Loaderの使用
・マルチテナント・コンテナ・データベースとそのプラガブル・データベースでの統合監査の実装
・共通権限とロール、およびローカル権限とロールの管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースのパフォーマンスの管理
・マルチテナント・コンテナ・データベースおよびプラガブル・データベースの監視
・マルチテナント・コンテナ・データベースへの非CDBの接続

対象者

・データベース管理者
・データベース設計者
・サポート・エンジニア
・テクニカル管理者
・データウェアハウス管理者

前提知識

<必要とされる前提コースまたは前提知識>
・非CDB構成のデータベース管理の知識
・SQLおよびPL/SQLのパッケージの知識
・SQL*PlusやEnterprise Manager Cloud Controlなどのツールの知識
・Oracle Database 12c: 管理ワークショップ
<推奨される前提コースまたは前提知識>
・Linuxオペレーティング・システムの基本的な知識
・Oracle Database 12c: インストール&アップグレード
<推奨される次コース>
・Oracle Database 12c: Global Data Services
This Oracle Database 12c: Global Data Services seminar introduces Oracle Database 12c Global Data Services (GDS). You’ll learn how to install,configure,administer and use Global Data Services.
・Oracle Database 12c: RAC Administration
This Oracle Database 12c: RAC Administration training teaches you about Oracle RAC database architecture. Explore Global Resources and Cache Fusion and more.
・Oracle Database 12c: Data Guard Administration Ed 1
This Oracle Database 12c: Data Guard Administration Ed 1 training teaches you how to use Oracle Data Guard. Learn how it protects your Oracle database against planned and unplanned downtimes.
・Oracle Database 12c: Clusterware Administration
This Oracle Database 12c: Clusterware Administration training will help you become familiar with general cluster concepts and Oracle Clusterware architecture. Learn from expert Oracle University instructors.

内容

●はじめに
・コースの目的
・コースの予定
・ツール
●コンテナおよびプラガブル・データベースのアーキテクチャ
・課題と利点
・マルチテナント・アーキテクチャ
・PDBのプロビジョニング
・用語
●CDBおよびPDBの作成
・ツールの使用
・CDBの構成および作成
・PDBの作成
・PDBの削除
・PDBの移行
●CDBおよびPDBの管理
・接続
・CDBおよびPDBの管理
・PDBのオープン・モードと設定の管理
・CDBおよびPDBの初期化パラメータの構成
●CDBおよびPDBの記憶域の管理
・CDBおよびPDBの永続表領域の管理
・CDBおよびPDBの一時表領域の管理
●CDBおよびPDBのセキュリティの管理
・共通ユーザーとローカル・ユーザーの管理
・共通権限とローカル権限の管理
・共通ロールとローカル・ロールの管理
・共有オブジェクトおよび非共有オブジェクトの理解
・共通プロファイルとローカル・プロファイルの管理
●可用性の管理
・バックアップの管理
・リカバリ操作の管理
・フラッシュバック・データベースの管理
・PDBの複製
・特別な状況とビュー
●パフォーマンスの管理
・パフォーマンスの管理
・リソース割当ての管理
・統合データベース・リプレイの活用
●その他
・データのエクスポートおよびインポート
・データのロード
・操作の監査
・ジョブのスケジュール
・他の製品の使用

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。