IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

オブジェクト指向を現場で活かすデザインパターン実践

コースコードMZ30 期間2日間 時間10:00~17:00 価格\100,000(税抜き) 主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードMZ30 期間2日間 時間10:00~17:00
価格\100,000(税抜き) 主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードMZ30
期間2日間
時間10:00~17:00
価格\100,000(税抜き)
主催株式会社 豆蔵

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

GoFのデザインパターン23種のうち8種を取り上げ、パターンごとに解説・個人演習(実装)を繰り返します。総合演習では、まず設計問題の解決にパターンの適用を試みます(個人)。その後、パターンの選択理由や適用のメリット・デメリットを論点としたグループディスカッションを通じて、実践において設計判断を下すための視点を養います。

内容

1日目
形式:講義+演習(個人、グループ)
●デザインパターン概要
デザインパターンの位置づけや目的、およびデザインパターンを理解する上で最低限必要な知識を学びます。
・デザインパターン概観
・デザインパターンを理解するために
●TemplateMethodパターン (※)以降の構成は下部を参照ください
●Compositeパターン
●Singletonパターン
●Adapterパターン
●Strategyパターン

2日目
●Strategyパターン(続き)
●Stateパターン
●Commandパターン
●Observerパターン
●まとめ
パターンを利用する際の心構えや設計上の問題に気づくためのヒントを学びます。また、ある設計問題を題材として、その解となり得るデザインパターンの選択と選択理由について議論し、パターン適用の実践力を養います。
・「学ぶ」から「使う」へ
・総合演習(グループディスカッション)

(※)各パターンについて以下の流れで学習を進めます。
パターンの適用前後をモデルとコードの両面から比較・観察することにより、設計上の課題がどのように解決されているのかを理解します。演習は実装まで行うことで、設計時に実装がイメージできるようになることを狙います。
・パターンの概要
・適用例
−適用前の構造と振る舞い、コード
−適用後の構造と振る舞い、コード
・一般化された構造と振る舞い
・適用時のポイント(注意点)
・演習(パターンの実装)

備考

※本コースは2019年4月〜6月の開催はございません。
 2019年7月以降の日程に関しましては、決まり次第掲載させていただきます。
 ご了承の程お願いいたします。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。