IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

危険予知(KY)研修 アドバンスコース(一社研修のみ)

コースコードKY06 期間1日間 時間13:00~17:30 価格\30,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードKY06 期間1日間 時間13:00~17:30
価格\30,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードKY06
期間1日間
時間13:00~17:30
価格\30,000(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

〜人間は誰でもエラーを起こす〜
でも諦めずに何とかしなくてはと思い、具体的なHEZ活動を推進できるようになる。
障害事例映像から問題解決手法により問題点を洗い出し、対策を考える。

学習目標

・スレットを見つけて危険に気づき対策を打つ。
・作業を実施する直前・直後の確認手法を学ぶ。
・チームワークを築いて、チームの一体感を醸成する。
・討議を通して問題の洗い出しと対策の設定について学ぶ。
    ※スレット・・・エラーを起こす可能性を増す要素

対象者

ヒューマンエラーによる事故・障害でお悩みの方。
主にIT関連企業の方を対象としています。
KY(危険予知)についてある程度知識のある方。
職場でヒューマンエラーゼロ活動、KY活動を進めようとされている方。

内容

●講義
  ・HEZ活動について
  ・Error Management
  ・Threat and Error Management
  ・スレットの各要素と事例
  ・スレットの発見と対処方法
  ・M-SHEL分析

●演習
  ・ トラブル事例からスレットを理解する

●問題解決手法(障害事例映像からの問題解決)
  ・ビデオ視聴
  ・チーム討議
    討議テーマ: 「なぜ障害事例映像のヒューマンエラーを発生させてしまったのか」
    問題解決手法によりチームとして問題点を深堀り、洗い出しを行い、
    『暫定対策』 『恒久対策』を討議して設定する。
  ・相互発表・コメント
  ・解説

備考

※この研修は1社開催のみです。お問い合わせは、kyouiku@ctc-g.co.jp 宛まで 
 もしくは、下記お問い合わせフォームからお願いいたします。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。