IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

【PDU対象】COBIT(R)5 Foudation(英語コース)+英語試験[21PDU付]

コースコードITP055 期間3日間 時間09:30~18:00 価格\249,400(税抜き) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードITP055 期間3日間 時間09:30~18:00
価格\249,400(税抜き) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードITP055
期間3日間
時間09:30~18:00
価格\249,400(税抜き)
主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

COBIT®5 Foudationコースは、ITガバナンス・フレームワークのメリットを理解することができ、COBIT®フレームワークを活用することで得られるITガバナンス効果について実感することもできると思います。コースの中では、多くの実践的な演習や事例を活用したアプローチを採用しており、監査ガイドラインやマネジメントガイドラインについても紹介します。本コースは、皆様に論理的かつ理解しやすいCOBIT®の活用方法をご紹介するとともに、インタラクティブな方法で有益な知識を提供することでしょう。このコースでは、多くのグループ演習の実践およびグループ・ディスカッションを活用することにより、より深い知識を共有することができます。
なお、本コースは英語での実施となりますので、ご留意ください。
最終日にはCOBIT®5 Foudation試験(英語)を受験します。

学習目標

・ITマネジメントの課題が組織に与える影響を理解する。
・ITガバナンスの原則、ITガバナンスがどのようにITマネジメントをサポートするか、誰がITガバナンスの責任をもつか理解する。
・ITガバナンス確立のためのコントロール・フレームワークおよびITガバナンス・フレームワークとCOBIT®の連携を学ぶ。
・COBIT®が採用する他の基準とベストプラクティスおよびCOBIT®のフレームワークと構成要素を学ぶ。
・COBIT®の実践的活用およびCOBIT®活用の利点を学ぶ。

対象者

・IT監査担当者、ITマネージャ、IT品質管理者、ITリーダー、IT開発担当者、ITサービス会社の実務担当者、マネージャ、COBIT®について理解を深めたいと考えている方。

前提知識

・特になし(ただしITガバナンスの領域での経験を持っていることをお勧めします。)

内容

●はじめに
●COBITとは
●フレームワークと原則
●利害関係者のニーズ
●実現要因
●プロセスの有効化
●ガバナンスとマネジメント
●プロセス能力のアセスメント
●試験準備
●模擬試験
●試験

備考

※本コースは英語での実施、英語試験となりますのでご留意ください。

※再受験について
研修をご受講いただき、試験で不合格となった場合、希望される方には再受験のご案内も行っております。詳細はお問合せください。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。