IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

ITIL リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV)ブレンド

ITIL(R)インターミディエイト・ケイパビリティ リリース、コントロールおよび妥当性確認(RCV)ブレンドコース+試験(RCV)

コースコードITP043 期間3日間 時間09:30~18:00 価格\298,000(税抜き) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードITP043 期間3日間 時間09:30~18:00
価格\298,000(税抜き) 主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードITP043
期間3日間
時間09:30~18:00
価格\298,000(税抜き)
主催株式会社 ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

ITILサービスライフサイクルの実践およびサービスデリバリにおけるリリース、コントロールおよび妥当性確認(以下RCV)のプロセスについてeラーニング(合計約10時間)を用いた事前自己学習と3日間の集合研修で集中的に学びます。
RCVプロセスにおける実務レベルの活動や方法、アプローチに焦点をあて、認定資格保持者がサービスライフサイクルを通して、これらのプロセスを実践できるようになることを目的としています。
また、受講者参加型のシナリオベースのトレーニングを採用し、受講者がITILベストプラクティスの原理原則を学び、認定試験に合格するようサポートします。〔PDU対象コース:30PDU〕

学習目標

・サービスデリバリにおけるRCV の重要性を認識し、RCV プロセスがサービスライフサイクルの他プロセスとどう関わるか理解します。

対象者

・RCV について理解を深めたい方。
・自社におけるIT サービスマネジメントの品質向上のためRCV に関わる活動の実践方法を学びたい方。
・IT サービスマネジメントとその改善活動に携わっているIT プロフェッショナルの方。
・IT プロフェッショナル、IT/ビジネス管理者、IT/ビジネスプロセスオーナおよびIT従事者など。

前提知識

・ITILファンデーション資格取得またはITILファンデーション・ブリッジ資格取得(注:2011年6月30日以前に取得されたITILファンデーションでバージョンの表記が無いものはv2となり旧バージョンのため、不可)

また推奨条件として、IT関連用語の知識があり、RCVを実務環境下で実践として理解している方、サービスプロバイダとしてサービスマネジメントにおける実務経験があり、変更管理、リリース管理、構成管理、サービスの評価および品質保証、ナレッジ管理、サービスの妥当性確認およびテストのうち、最低ひとつのプロセスに対して責任を負う立場の方。
2年以上のITサービスマネジメントの実務経験をお持ちの方。

内容

●サービストランジション
●変更管理
●サービス資産管理および構成管理
●リリース管理および展開管理
●サービスの妥当性確認およびテスト
●要求実現
●変更評価
●ナレッジ管理
●技術と導入に関する検討事項
●試験準備/模擬試験

備考

※この研修コースでは電子教材を使用します。
ご自身のタブレット、ノートPC等をお持ちください。
※受講終了条件
・eラーニング進捗:80%以上
・集合研修:80%以上の出席率
※本コースは、eラーニング(事前学習10時間)+集合研修3日間のコースとなります。
※eラーニングの受講可能期間はログイン後90日間となります。

ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標です。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。

コース一覧

ITILのコース一覧