IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

〜VMwareで始めるハイパーコンバージド入門〜

システム・仮想基盤構築トレーニング(HCI分野)

コースコードIT401 期間2日間 時間09:30~17:00 価格\140,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードIT401 期間2日間 時間09:30~17:00
価格\140,000(税抜き) 主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コースコードIT401
期間2日間
時間09:30~17:00
価格\140,000(税抜き)
主催CTCT

上記の価格表示は税抜き表示です。別途消費税がかかります。

コース内容

コース概要

VMware vSANを使用したHCI(Hyper Converged Infrastructure)環境の基本的な操作と構成を理解します。
VMware vSANは多くの企業で導入が進んでいる代表的なストレージ仮想化/HCI製品です。
VMware vSANではストレージ仮想化/HCIを実現するために、VMware ESXi上にソフトウェアが組み込まれており、既存のVMware環境から容易に構築することが可能です。
従来のネットワークストレージ製品の単なる置き換えではなく、サーバごとにスケールアップやスケールアウトが可能です。
本研修では、VMware vSANで使用されている多くの技術に関して、要点を押さえたテキストと多くの演習を使用して、実装技術を習得します。

学習目標

・HCIのメリット/デメリットを理解する
・vSANの機能を理解する
・vSANクラスタを構成する
・仮想マシンのストレージポリシーを構成する
・vSAN管理タスクを実行する
・vSANデータストアの暗号化の設定
・フォルトドメインの作成と管理
・ストレッチクラスタの構成

対象者

・システム管理者
・システム エンジニア
・vSANを使用してSDS(software-defined storage)を使用したい方

前提知識

・以下のいずれか一つ以上の条件を満たす方
 「VMware vSphereの構築・運用・管理経験があること」
 「VMware vSphere:Install,Configure,Managementコースを受講済みであること」
 「IT300_システム・仮想基盤構築トレーニング(仮想化分野)を受講済みであること」

(関連するコースへのリンク)
スクール環境

VMware vSANは、バージョン6.61を使用
受講者1名毎のスクール環境
・Windows Server 2008 R2 または Windows Server 2012R2 1台
・ESXi ホスト 6台
・vCenter Server 1台
・演習用仮想マシン数台

内容

●HCIとは
・ストレージとは
・ハードディスクの基本構造
・HDDとSSD
・HCIとは
・HCIのメリットデメリット

●ストレージの接続形態
・DAS
・NAS
・SAN
・HCI

●RAID
・RAIDの種類(RAID 0、0+1、1+0、3、4、5、6)
・リソース割り当て(アグリゲート、ボリューム、LUN)

●vSANの基本構成
・vSphereの基本機能
・vSphereとvSANライセンス
・vSANクラスタのハイブリッド構成
・vSANクラスタのオールフラッシュ構成

●仮想マシン ストレージポリシー
・仮想マシンストレージポリシーとは
・仮想マシンストレージポリシーの各種ポリシー

●vSANのその他の機能
・メンテナンスモード
・vSANクラスタのスケールアウト
・vSAN iSCSIターゲットの設定
・vSANデータストアの暗号化

●vSANの可用性
・vSANでのRAID相当の機能
・vSANのFault Domain
・vSANとvSphere HAの兼用

●vSANストレッチクラスタ
・vSANストレッチクラスタの構成
・vSANストレッチクラスタのローカルプロテクション

備考

※本コースはシステム・仮想基盤構築トレーニングコースのHCI分野を対象としています。
※CTCTオリジナルコースです。
※コースカリキュラム、使用機材は予告なく変更となる可能性があります。

[CTCTオリジナル演習資料]
コースで使用する演習資料は演習の理解度が上がるよう分かりやすく説明されたCTCTオリジナルの演習資料を使用いたします。

関連するコース

開催予定日

本コースの開催日程については、お手数ですが、 お問合せフォーム からお問合せください。