IT・技術研修ならCTC教育サービス

サイト内検索 企業情報 サイトマップ

研修コース検索

【お知らせ】当社のセキュリティ研修が経済産業省の第1回「第四次産業革命スキル習得講座」に認定
【新コース】Pythonによる機械学習/ディープラーニング入門 コースをリリース!
【事例公開:リコー・ジャパン様】SSE・実践!セキュリティ研修
CTCテクノロジーのAWS認定トレーニング(駒沢開催)日程公開
【お知らせ】当社のセキュリティ研修が経済産業省の第1回「第四次産業革命スキル習得講座」に認定
【新コース】Pythonによる機械学習/ディープラーニング入門 コースをリリース!
【事例公開:リコー・ジャパン様】SSE・実践!セキュリティ研修
CTCテクノロジーのAWS認定トレーニング(駒沢開催)日程公開
  • 新着情報
  • 新着コース情報
  • 実施中のキャンペーン
  • お知らせ
  • 新着コラム

新着コラム

2018年02月21日 【スーパーエンジニアの独り言】第76回 月光のムーンライト――――。...


2018年02月15日 【Ruby on Rails 海外事情コラム】第25回 Railsで作られた有名なWebアプリケーション ...


2018年02月14日 【グーグルのクラウドを支えるテクノロジー】第32回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パー...


2018年02月07日 【クラウド時代のサーバー運用入門】第5回 クラウド時代の障害対応術 (4) WEBサイトが落ち...


2018年02月06日 【RubyビギナーのためのStep upコラム】第2回 Rubyの多重代入について...


コラム一覧へ

  • 分野から探す
  • ベンダーから探す
  • プロダクトから探す
  • 資格から探す
  • IT標準スキルから探す

分野から探す

ストレージ/サーバ(ハードウェア)
クラウド/仮想化 基礎 NetApp IBM HP (HP ProLiant)
Microsoft Office
Microsoft Office
グループウェア
Microsoft(Exchange Server)
プロジェクトマネジメント/PMP
プロジェクトマネジメント/PMP
IT入門/基礎
入門/基礎コース CompTIA

資格から探す

Oracle Database

Oracle Databaseの資格制度と対応コース(詳細ページ)
Oracle認定資格制度(Oracle Database)と対応コース一覧
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c ORACLE MASTER Gold Oracle Database 12c ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g ORACLE MASTER Silver Oracle Database 11g ORACLE MASTER Gold Oracle Database 11g ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g

Microsoft

Microsoftの資格制度と対応コース(詳細ページ)
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)と対応コース一覧
MCSE: Cloud Platform and Infrastructure MCSA:Windows Server 2012 MCSA: Cloud Platform Microsoft Certified Solutions Associate
  • 試験名:Microsoft Azure ソリューションの開発 〔試験番号:70-532 〕
    • Microsoft Azure ソリューションの開発

  • 試験名:Microsoft Azure インフラストラクチャ ソリューションの実装 〔試験番号:70-533 〕

VMware

VMwareの資格制度と対応コース(詳細ページ)
VMware認定資格と対応コース一覧
VMware Certified Professional 6 – Data Center Virtualization (VCP6-DCV) VMware Certified Implementation Expert 6 – Data Center Virtualization (VCIX6-DCV)
  • 試験名:VCAP6-DCV Design 試験 〔試験番号: 〕
    • VMware vSphere: Design and Deploy Fast Track [V6]
  • 試験名:VCAP6-DCV Administration 試験 〔試験番号: 〕
    • VMware vSphere: Design and Deploy Fast Track [V6]
VMware Certified Professional 6 - Desktop and Mobility (VCP6-DTM) VMware Certified Professional 6 - Network Virtualization (VCP6-NV) VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation (VCP6-CMA)

Citrix

Citrixの資格制度と対応コース(詳細ページ)
Citrix認定資格と対応コース一覧
CCA-V (Citrix Certified Associate-Virtualization) CCP-V (Citrix Certified Professional-Virtualization) CCE-V (Citrix Certified Expert-Virtualization)
  • 試験名:Designing Citrix XenDesktop 7 Solutions(設計試験) 〔試験番号:1Y0-401 〕

Cisco

Ciscoの資格制度と対応コース(詳細ページ)
シスコ技術者認定資格(Cisco Career Certification)と対応コース一覧
CCENT CCDA CCNA Routing and Switching CCNA Security CCNA Wireless CCDP CCNP Routing and Switching CCNP Security
  • 試験名:SENSS 〔試験番号:300-206 〕
    • Implementing Cisco Edge Network Security Solutions (SENSS)
  • 試験名:SITCS 〔試験番号:300-207 〕
    • Implementing Cisco Threat Control Solutions (SITCS)
  • 試験名:SISAS 〔試験番号:300-208 〕
    • Implementing Cisco Secure Access Solutions (SISAS)
  • 試験名:SIMOS 〔試験番号:300-209 〕
    • Implementing Cisco Secure Mobility Solutions (SIMOS)
CCNP Wireless
  • 試験名:CUWSS 〔試験番号:642-732J 〕
    • Conducting Cisco Unified Wireless Site Survey (CUWSS)
  • 試験名:IUWVN 〔試験番号:642-742J 〕
    • Implementing Cisco Unified Wireless Voice Networks (IUWVN)
  • 試験名:IUWMS 〔試験番号:642-747J 〕
    • Implementing Cisco Unified Wireless Mobility Services (IUWMS)
  • 試験名:IAUWS 〔試験番号:642-737J 〕
    • Implementing Advanced Cisco Unified Wireless Security (IAUWS)
CCIE Routing and Switching

Juniper

Juniperの資格制度と対応コース(詳細ページ)
ジュニパーネットワークス認定資格プログラム(JNCP)と対応コース一覧
JNCIA-Junos JNCIS-SEC JNCIS-ENT JNCIS-SP JNCIS-FWV JNCIS-AC
  • 試験名:JNCIS-AC 〔試験番号:JN0-314 〕
JNCIS-QF
  • 試験名:JNCIS-QF 〔試験番号:JN0-370 〕

LPIC

LPICの資格制度と対応コース(詳細ページ)
LPIC(Linux技術者認定資格)と対応コース一覧
LPICレベル1 LPICレベル2 LPICレベル3 Specialty
  • 試験名:LPI 300 Mixed Environment Exam 〔試験番号:117-300 〕
  • 試験名:LPI 303 Security Exam 〔試験番号:117-303 〕
  • 試験名:LPI 304 Virtualization & High Availability Exam 〔試験番号:117-304 〕

Red Hat

Red Hatの資格制度と対応コース(詳細ページ)
Red Hat認定資格と対応コース一覧
Red Hat認定システム管理者(RHCSA) Red Hat認定エンジニア(RHCE) Red Hatエキスパート認定 Red Hat認定データセンタースペシャリスト(RHCDS) Red Hat認定アーキテクト(RHCA) Red Hat認定JBoss管理者(RHCJA) Red Hat認定Jboss開発者(RHCJD) Red Hat認定仮想化技術管理者(RHCVA)

Ruby

Rubyの資格制度と対応コース(詳細ページ)
Ruby技術者認定資格と対応コース一覧
Silver Gold
Rails技術者認定資格と対応コース一覧
Bronze Silver

ITIL

ITILの資格制度と対応コース(詳細ページ)
ITIL/ITSM認定資格と対応コース一覧
ITIL Foundation ITIL Intermediate(ライフサイクル・モジュール)
  • 試験名:ITIL® Service Strategy Certificate 〔試験番号:ITILSS 〕
  • 試験名:ITIL® Service Design Certificate 〔試験番号:ITILSD 〕
  • 試験名:ITIL® Service Transition Certificate 〔試験番号:ITILST 〕
  • 試験名:ITIL® Service Operation Certificate 〔試験番号:ITILSO 〕
  • 試験名:ITIL® Continual Service Improvement Certificate 〔試験番号:ITILCSI 〕
ITIL Intermediate(ケイパビリティ・モジュール) ITIL Expert TIPAアセッサ TIPAリードアセッサ

CompTIA

CompTIAの資格制度と対応コース(詳細ページ)
CompTIA認定資格と対応コース一覧
CompTIA A+ CompTIA Network+ CompTIA Server+ CompTIA Security+ CompTIA Project+

IT標準スキルから探す

基礎から設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(OS分野)

OS分野について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:各プラットフォームにおいての一般ユーザレベルの操作ができることを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
基礎から拡張性を考慮した知識の習得まで ITスペシャリスト育成(クラウド/仮想化分野)

クラウド/仮想化分野について、3つのレベルからコースが探せます。
レベル1:クラウド/仮想化についての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識を習得することを目標とする
レベル3:下位レベルの知識をベースとして、経験者向けに可用性、拡張性を考慮した設計をするための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
基礎から大規模なネット―ワークの計画まで ITスペシャリスト育成(ネットワーク分野)

ネットワーク分野について、Cisco、Juniper、ネットワーク基礎、無線LANに分けてご紹介。
各レベルの説明は、コースフローからご確認ください。

コースフローをダウンロード
基礎から高度な設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(データベース分野)

データベース分野について、3つのレベルからコースが探せます。
レベル1:データベースついての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築作業のための知識の習得することを目標とする(ORACLE MASTER Bronze/Silver相当)
レベル3:下位レベルの知識をベースとして、より高度な設計・構築の作業やトラブルシュートをするための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
セキュリティの基礎から設計・構築作業の知識の習得まで ITスペシャリスト育成(セキュリティ分野)

セキュリティ分野について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:セキュリティやファイアウォールについての基礎知識を理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、設計・構築の作業するための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
プログラミングの基礎からプロジェクト参画のための知識の習得まで ITスペシャリスト育成(言語/開発分野)

言語/開発分野(Ruby / Ruby on Rails / Python)について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:プログラミングの基礎知識を理解し、開発を行うためのベースを理解することを目標とする
レベル2:下位レベルの知識をベースとして、開発プロジェクトに参画するのための知識を習得することを目標とする

コースフローをダウンロード
危険予知の基礎からマネージャーとしての知識の習得まで ヒューマンエラー防止(危険予知)

危険予知について、2つのレベルからコースが探せます。
レベル1:危険予知の基本的な知識を学習し、危険を予知する感性を磨くことを目標とする
レベル2:マネージャーとして、メンバーにKY活動を働きかけ、有効性について小規模グループに影響力を発揮することを目標とする

コースフローをダウンロード

CTC教育サービスの強み

CTCテクノロジーオリジナルコースやベンダー認定の資格取得を目指す方向けのコースなど500以上の公開コースを定期開催。

強み1 優秀な講師陣

Cisco、Oracleと日本最大のパートナーシップをもつCTCグループならではの講師陣は、ベンダーからのアワードを多数受賞しています。

 

CTCテクノロジーの社員講師は、「Oracle Excellent Instructor」を始めとして、多数のAWARDを受賞しています。また、認定研修会場としてもVMware社の「Training (VATC) Partner of the Year」やCitrix社の「Best CALC of the Year」を受賞するなど各ベンダーから高い評価を頂いております。

強み1

強み2 最新機材を揃えた国内有数の設備

15の教室を有し、施設全体の同時収容人数は最大で400名まで可能。快適な環境で充実した研修をご提供します。

 

CTCテクノロジーのIT教育コースでは、お一人様に必ず1セット以上の演習機材をご用意しております。また、CTCテクノロジーの講師がオリジナルで開発した演習問題も多数ご用意しています。専用の環境でじっくりと演習に取り組むことで、スキルアップへつなげていただく。そんな思いで皆様をお迎えしています。

強み2

強み3 独自のノウハウ

リモートラボやスキルチェックなど独自のノウハウにより理解度アップを実現します。

 

東京まで研修を受けに行くには、時間も費用もかかりすぎる。とはいえ、希望のコースを受講するには大量の機材が必要だ。そんなお悩みを解決するために、駒沢ラーニングセンターの機材をリモートアクセスで利用できる環境が整っています。講師が現地へお伺いし、PCさえご用意いただければ、受講が可能です。

強み3

新着コラムコラム一覧へ

スーパーエンジニアの独り言(藤江一博氏)
第76回 月光のムーンライト――――。(2018/02)
『アルタードステーツ』: 嫋やか(たおやか)に辺りを照らす月光がそっと柔らかに全身を包み込む。 ぼんやりとした神秘的な光で満ちた中で胸の前で指先を肘に付ける様に両腕を重ねて枠を造る。 気付かない意識の底にある羊...(続きを読む)


Ruby on Rails 海外事情コラム(野田貴子氏)
第25回 Railsで作られた有名なWebアプリケーション TOP 15(2018/02)
こんにちはー。野田貴子です。 みなさんがRuby on Railsを使い始めたとき、自分を納得させるため、あるいは上司に提案するために、Railsの導入事例を調査したことでしょう。あるいは今まさにRailsを検...(続きを読む)


グーグルのクラウドを支えるテクノロジー(中井悦司氏)
第32回 アプリケーション実行基盤の標準環境 Borg(パート1)(2018/02)
はじめに  今回からは、2015年に公開された論文「Large-scale cluster management at Google with Borg」をもとにして、Googleのクラスター管理システム「Bo...(続きを読む)


クラウド時代のサーバー運用入門(濱田康貴氏)
第5回 クラウド時代の障害対応術 (4) WEBサイトが落ちた?(2018/02)
本コラム第1回目、「第1回 クラウド時代の障害対応術 (1) コンピューターの部品をイメージしよう」では、「厳選!障害対応お役立ちツール」として、以下のコマンドの使用頻度が高いと申し上げました。 curl df...(続きを読む)


RubyビギナーのためのStep upコラム(中越智哉氏)
第2回 Rubyの多重代入について(2018/02)
みなさん、こんにちは。 前回はRubyのバージョンについてのお話でしたが、2018年最初のコラムである今回は、ぐっとRubyの文法にフォーカスした話題「多重代入」です。 そもそも、多重代入とは何か?というところ...(続きを読む)


OpenStack海外動向(野田貴子氏)
第14回 OpenStack利用者が知っておくべき脆弱性:「スペクター」と「メルトダウン」について(2018/02)
こんにちはー。野田貴子です。今回はOpenStack関連のコラムで面白いものがあったので意訳版をお届けします。昨今、OpenStackの注目度が高まっており、OpenStack開発者メーリングリストやコラムをチ...(続きを読む)


クラウド時代のサーバー運用入門(濱田康貴氏)
第4回 クラウド時代の障害対応術 (3) 初見のサーバーを覗いてみよう(2018/01)
さて、第1回、第2回目のコラムではコマンドラインからWEBサーバーの外形監視トラブル原因調査を行う方法をご紹介しました。障害対応は当然のことながら、今目の前でおきている状況に手を突っ込んで解決しなければなりませ...(続きを読む)


グーグルのクラウドを支えるテクノロジー(中井悦司氏)
第31回 バグ予測アルゴリズムとその実効性のケーススタディ(パート2)(2018/01)
はじめに  前回に続いて、2013年に公開された論文「Does Bug Prediction Support Human Developers? Findings from a Google Case Stud...(続きを読む)


スーパーエンジニアの独り言(藤江一博氏)
第75回 帰ってきたワイアード(2018/01)
『灰色の研究』: 年の瀬も押し迫っていた頃、明度が高い灰色であるシルバーグレイの封書が届きました。 送られてきた封筒の色味でどこから届いたものかは直ぐにわかりました。 開封した中には印刷された紙が三つ折りに畳ま...(続きを読む)